プロジェクトマネージャの資格詳細や受験資格、試験日程まとめ

プロジェクトマネージャという国家資格詳細

プロジェクトマネージャという国家資格詳細

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの責任者として、プロジェクトを計画、実行、管理したり、他のメンバーを指導したりします。

プロジェクトマネジャーの仕事の詳細はプロジェクト計画として立案したり、メンバーや資源を確保し、プロジェクト体制を確立するといったプロジェクトなど。

予算等の管理やスケジュールを立てるなどの運営、上司への報告や、プロジェクトが終了してもそこから得られた成果や改善点を活かすことなど終わりまでを担います。

したがって、プロジェクトマネージャーにはこれらを確実に行うことのできる技量が求められます。

プロジェクトマネージャーの資格は経済産業省から認定された国家資格で、これを取るには試験を受ける必要があります。

プロジェクトマネージャの受験資格

プロジェクトマネージャの受験資格

プロジェクトマネージャ試験は、情報処理技術者の資格の一つです。その概要は、システム開発プロジェクトの責任者とし円滑にプロジェクトが遂行できる能力を示す資格です。

受験資格は、特に年齢制限以外は設けられておらず、27歳以上の者とされています。したがって、学歴は関係がないため、中卒の方でも高卒の方でも、大卒の方でも受験することが可能です。

試験の構成は、選択式、記述式、論述式の三部に分かれています。試験時間はそれぞれ150分、90分、120分です。

そして、この資格の合格率は7パーセント前後と、とても低い合格率であり、難関資格であるといえるでしょう。そのため、合格するためにはしっかりと対策する必要があります。

プロジェクトマネージャの試験日程

プロジェクトマネージャの試験日程

プロジェクトマネージャ資格試験とは、情報システムなどの開発プロジェクトにおいて、受験者が責任者としてプロジェクトを管理・運営する適性があるかどうかを判定する資格試験です。

プロジェクトの責任者の役割や業務は多岐に及ぶため、計画立案から、プロジェクト体制の確立、円滑な運営、予算や納期、品質の達成についての能力まで、幅広く問われます。

国家試験である情報処理技術者試験のひとつとして位置付けられており、受験資格は特に設けられておらず、学歴や年齢を問わず誰でも受験できるのが特徴の一つです。

プロジェクトマネージャ資格試験は、年に1回実施され、例年の試験日程は4月の第3日曜日となっています。また、受験料は5700円(税込)です。