基本情報技術者の資格詳細や受験資格、試験日程まとめ

基本情報技術者という国家資格詳細

基本情報技術者という国家資格詳細

基本情報技術者という国家資格の詳細について紹介します。基本情報技術者試験は情報処理技術者試験のうちの1つであり、ITパスポート試験の上位にあたる資格です。

しかし、ITパスポート試験に合格していなくても基本情報技術者試験を受けることは可能です。

ITパスポートは随時実施しているのに対して、基本情報技術者試験は年に2回、春(4月第3日曜日)と秋(10月第3日曜日)に実施されています。

試験要綱には、「高度IT人材となるために必要な基本的知識・スキルをもち、実践的な活用能力を身に付けた者」を対象にしていると書かれています。

ITエンジニアをやっている人が知識を確認するために受験することが多いようです。ITエンジニアとしての経歴の上に、この試験に合格をしていると転職時などに有利になるでしょう。

基本情報技術者の受験資格

基本情報技術者の受験資格

基本情報技術者試験の受験資格は特にありません。年齢制限や学歴や職務経験等による制限もされていません。

試験の概要としてはプログラミングやアルゴリズムに関する問題、ネットワークや情報セキュリティに関する問題が幅広く出題されます。

また、マネジメント系の問題も出題されるため、実務に関係する知識も出題されます。そのため受験資格はなくても、試験に合格するためにはある程度勉強する必要があります。

基本的に過去問を勉強することで試験範囲の知識を身につけることができますが、アルゴリズムに関する問題は過去問はあまり参考になりません。

しかし、簡単なアプリケーションを作成した経験があれば簡単に回答できる問題が多いです。

基本情報技術者の試験日程

基本情報技術者の試験日程

基本情報技術者試験は、いわゆる情報処理技術者試験のレベル1とされるITパスポートと情報セキュリティマネジメント試験の上位資格であり、レベル2に分類されます。

システムエンジニアを目指す人の登竜門とよばれる資格であり、所有していればと就職の際に大きなアドバンテージとなります。一方で難易度は有名私立大合格程度ともいわれています。

試験日程は4月の第三日曜日と10月の第三日曜日で、全国各地で受験することができます。受験料は1回5,700円で、インターネットのサイトから簡単に振り込むことができます。

2時間半の基本的な知識が問われる午前試験と実践能力が問われる午後試験に分かれており、それぞれ6割正解で合格となります。

午前試験については、指定された予備校に通学し、予備校での試験をパスすることで免除される制度があります。午前午後それぞれ2時間半の長い試験となりますので、賢くパスしましょう。