ITパスポートの資格詳細や受験資格、試験日程まとめ

ITパスポートという国家資格詳細

ITパスポートという国家資格詳細

ITパスポートは経済産業省が認める国家資格で、ITに関する基礎知識を備えていることを証明するものです。

資格の詳細としては、マーケティングや経営戦略、セキュリティなど企業内での課題の分析や把握を行って安全にITを利用する知識を身につけます。

ITは社会の隅々まで浸透し積極的に活用されていることから、高校生や大学生から社会人まで幅広い年齢層の人が受験しています。

試験の形式はマークシートによる四肢選択式で120分で100問の問題を解きます。受験資格は特に定められていないため、誰でも受験することが可能です。

この資格を取得することでパソコンの基本操作ができることやセキュリティの重要性などを理解していることが証明できるため、就職や転職の際にアピールすることができます。

ITパスポートの受験資格

ITパスポートの受験資格

ITパスポートの概要をまとめるならば、情報処理に関わる仕事につくうえでの基本を学ぶものであり、他の情報処理の資格の入門編という位置づけになります。

今はパソコンを使わずに仕事をするという事は少なくなっていますから、ITパスポートの試験勉強をしていくことは、どういった業種の方であっても役立つ知識が身に着けられるお得なものであるということができます。

そのため、受験資格も特に定められておらず、誰でも受験をすることができます。すでに社会で活躍している人はもちろんのこと、学生さんも受験することが可能です。

すべての人に門戸が開かれているのが魅力といえます。就職や働いていくうえでの評価につながるものですので、積極的に受験を検討してみましょう。

ITパスポートの試験日程

ITパスポートの試験日程

ITパスポート試験はITの基本や会社や企業との関わり、プロジェクトの進め方など、社会人として不可欠なスキルが問われる試験です。

このように社会人基礎力が問われる資格ということから、誰でもチャレンジできる間口の広い試験であることが特徴です。

ITパスポート試験では、都道府県ごとにいくつかの試験会場が設定されており、加えていくつかの試験日程が組まれています。

したがって、仕事や学業の合間を縫って、都合のいい場所・日時で受験することが可能です。

ちなみに、試験はコンピュータ上の試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答するCBT(Computer Based Testing)方式によります。受験料は消費税込で5,700円と設定されています。