IT関係の仕事に就くならこの国家資格がお勧め!IT国家資格一覧

ITパスポートという国家資格

ITパスポートという国家資格

ITパスポートは、全ての分野で役に立つITに関する基本的な知識を証明できる国家試験です。【受験資格】受験資格は特にありません。学生から社会人まで受験可能です。【試験日程】ITパスポートの試験は全国各地で複数実施されています。試験サイトの【試験開催状況一覧】より、3ヶ月後の同日までの試験開催状況を確認できます。各県ごとにスケジュールが異なりますので、お近くの会場の実施日時を確認して受験申込を行いましょう。

基本情報技術者という国家資格

基本情報技術者という国家資格

基本情報技術者の試験は春期と秋期の年二回の開催です。平成29年は、これからの試験日程だと10月15日に開催されます。しかし、試験の申込の受付は8月で終了してしまっているため、これから受験する予定がある人は次の開催時に申し込むことになります。受験資格はないため年齢を問わず幅広い人が受験することができ、さらに国家資格であることも影響して、この基本情報技術者試験は毎年10万人を超える人が受験しています。

応用情報技術者という国家資格

応用情報技術者という国家資格

応用情報技術者とは、情報処理における国家資格です。この資格を取得する事は、応用的な情報処理や開発の知識や能力を身に付けただけではなく、社会的信頼にもつながります。受験資格は特になく、実務経験の必要もありません。試験日程に関しては春季と秋期の年二回となっており、合格率は21%ほどとなっています。試験は午前午後の2部制で各150分となっており、それぞれ80問四肢択一、記述式になっています。受験資格がないため、国家資格でも受験しやすい資格となっています。

情報セキュリティスペシャリスト

情報セキュリティスペシャリスト

情報セキュリティスペシャリストは、経済産業省が、情報処理技術者として知識・技能が一定水準に達していると認定した国家資格です。受験資格に、年齢などの制限はありません。しかし、情報処理技術者としてのテストにはレベルや知識に応じて分かれています。シラバス(試験における知識、技能の細目)があるので、それを見て自分のレベルに応じた試験を受けることができます。ITパスポートだけは通年で申し込みができます。試験日程は、年2回、春と秋に実施されます。毎年、春は4月、秋は10月になります。

プロジェクトマネージャという国家資格

プロジェクトマネージャという国家資格

毎年人気が高まってきているプロジェクトマネージャの受験資格は27歳以上です。平成29年度秋期の試験日程は10月15日日曜日に行われる予定です。受験手数料は5700円です。プロジェクトマネージャ試験は情報処理技術者試験のひとつです。プロジェクトマネージャはシステム開発を円滑に行うことができる責任者です。この資格を取得すると開発プロジェクトでリーダーシップを取り管理する立場になることが可能ですので、システム開発の仕事に携わっている方は取得することをおすすめします。